農業ドローンでけい酸加里を散布し高品質なお米作りに挑戦

ドローンでのけい酸加里の中間追肥ビデオをご覧ください

(ビデオは、けい酸加里(開発肥料株式会社)様よりYouTubeに公開されているものへのリンクです。)

 

真夏に田んぼの中を歩かなくて良いのは本当に助かります。

カリとケイ酸を吸収した稲は高温や日照不足の年でも、品質の良い米がとれることを期待できます。4月に諏訪市を巡回して行った水稲育苗現地指導会の資料の中にも記載されています。

諏訪地域で作られているコシヒカリ つきあかり ひとめぼれ あきたこまち きらりん もちひかり カグヤモチといった品種にも有効です。

けい酸加里プレミア34を30から40㎏/10a 高品質なお米作りにぜひご活用してみてください。諏訪地域では、出穂40日前に施用します。(令和4年4月 水稲育苗現地指導会資料より)

さらに他の施肥基準についてはこちらの「本田の施肥基準」をご覧ください。

※堆肥の種類 追肥量等の違いによる栽培比較試験レポート 1号田(標準量の施肥 追肥を行うことにより収穫量確保)(出典:『伊那28号』の栽培比較試験 インターネットより検索添付 赤線 黄色いラインは、当社にて引いたものです。)

2022年04月18日